キャッシング審査の基準に関する注意点

キャッシングは夜遅くても申込みできる

キャッシング業界は金融業の中でも進歩が早いです。

近年では、初めての申込もインターネットで済むことが普通になってきました。

以前はネットで済むといっても、書類提出や勤務先への電話確認が必要なことがありましたが、それからすると最近の申込は本当に簡単になって、本当にweb完結です。

忙しくて会社と家の往復だけだという人でもネット環境さえあればお金が借りれるので、無人契約機の前でのドキドキもなくなりました。

まさに多忙な社会人向きでありがたいと思います。

以前、旅行をしていてある地方に訪れた時のことです。

夜遅い時間にコンビニでお金を引き出そうとして出かけたのですが私が利用中の地銀の夜の時間にキャッシュカードを使用できませんでした。

それでも、どんなことがあってもお金がいりましたのでセディナのクレカでキャッシング利用しました。

行き詰まっていたのでとても助かりました。

基準は非公開なのでわかりませんが、最近はキャッシングの審査が以前に比べると緩くなってきたように思います。

昔は借入する金額に関わらず、複数の提出書類が必須でしたし、必要書類も多く融資実行までに何週間もかかる場合もありました。

提示する書類の少なさや審査スピードも、隔世の感があります。

最短何秒や即日融資の謳い文句どおり、超速で借り入れできます。

融資を受ける側としては、ストレスなく借りられる時代が来たことをしみじみと思わずにはいられないです。

キャッシングに慣れてくると、徐々に借金に対する緊張感が薄れてしまい、引き落とし口座に返済金を入れ忘れた経験のある人も多いのではないでしょうか。

もし、遅延になってしまうと手痛いペナルティが付くので慌ててしまう人もいますが、とにかく冷静になって借入先に事情を説明してください。

キャッシング業者の中には、当日に残金不足で引き落としできなかった場合、時間をおいて再度行うケースがあります。

当日最後の引き落とし処理までに返済金を入金すれば、当日中に返済したということになります。

諦めて放置するより、まずは業者に相談してみましょう。

配偶者の収入により専業主婦である妻が銀行から借入をする際、契約を秘密裏に進められる方法が存在するのです。

その方法とは、配偶者の同意書の提出義務が無い銀行を選ぶ、ということです。

同意書の提出というのは法律で決まってはいないものの、銀行には提出を指示するところと、不要だとする銀行とが存在します。

借入を行ったことを夫に気付かれないようにしたいなら、前述の、同意書が不要な銀行と契約しましょう。

金融機関から個人で小口融資を受けることをキャッシングといい、主に、銀行や消費者金融がサービスを提供しています。

あるいは、クレジットカードに付帯したキャッシング枠を使って、クレジット会社から現金を貸し付てもらうこともひとつのキャッシングです。

たくさんの業者がキャッシングサービスを提供していますが、そのうち、消費者金融や信託会社など、銀行以外の業者は「ノンバンク」として、銀行系のサービスとはカテゴリーを分ける場合が多いです。

どうして、このような区分けが必要なのでしょうか。

それは、銀行のサービスとそれ以外のサービスは、定められた法律が異なるのです。

どういうことかと言うと、銀行法によって規定されているのが銀行で、ノンバンクの場合は貸金業法が該当します。

キャッシングとは短い期間で行う小口融資をあらわす事と呼ばれる事に対し、カードローンとは長い期間で行う大型融資を表す事といった風な所が違うと一般的に言われています。

ですので、いざ利用するときにはキャッシングの標準的な基準として返済が翌月に一回での支払いになりますが、カードローンの場合は、リボ払いという長期返済ができる方法が選択可能です。

それゆえ、使用するときの金利は一般的にカードローンの場合は高くなりがちです。

キャッシングの便利な使い方

便利なキャッシングですが、気軽に利用しても忘れてはならないのが返済期日です。

支払が遅延すると元金+利息分+遅延損害金を払う必要があるので出費が増えます。

多少ならいいやと思うのは間違いで、延滞の回数や遅延日数の記録は残るので、あまりひどいといずれブラックリストに登録され、キャッシングそのものが利用できなくなってしまいます。

手軽に利用できるよう、金融機関は窓口(ATM)を増やして対応していますから、それらを使いこなして返済日に間に合うようにするのがスマートです。

ブラックリストの基準を知りたがる人もいますが、そんなことより『延滞しない』で返すことが大事なのだと頭の片隅にしっかりとどめるようにしてください。

キャッシングの審査でNGが出る人というのは、収入を持っていない人が多いです。

自分に稼ぎがあるということが必須な項目となるため、その項目を満たしていない人は使用不可能です。

絶対に稼いでから申込みをするようにしましょう。

また、既存の借り入れが多額である場合にも、審査に落ちてしまうでしょう。

無料でカードローンを利用できるわけではないため、金利を取られます。

どのくらいの金利になるかは業者が決めていますが、多くの場合、融資額が大きければ金利も下がる傾向にあります。

金利をみてみると数%の幅がありますが、融資額が少額だと、高金利での取引が行われるようです。

この金利ですが、日割りで発生します。

主婦がキャッシングしようと考えた時に、夫に内緒にしたい人が少なくなく、ついついバレてしまうことを嫌って実行できずにいる人が多いようです。

実際のところは少なくない数の金融会社ではパートタイマーなど定職に就いている主婦は夫やそれ以外の身内など誰にも秘密のままでキャッシングする事ができるのです。

借金というと眉をひそめる人もいますが、誰でもお金を借りた経験はあるでしょう。

学資や奨学金など低利の融資や、必要に迫られて借りたカードローンに、ショッピングでのクレジットカード払いも借金です。

しかし、お金を借りると、利息分をつけて返済しなければいけません。

分割回数が多いとそれだけ利息総額が大きくなるので、払えるならなるべく早く返済してしまうのが結果的にお得ということになります。

銀行預金と借入金の金利を比べると、銀行のほうがずっと低い(安い)はずです。

それなら貯金をするくらいなら繰上げで一括返済したほうが現実的で、節約効果が高いのは明らかですね。

後払いのクレジットカードとは異なって、カードローンに使うカードは限度額に達してなくとも、余った分を買物に利用することはできません。

けれど、クレジットカードのキャッシング枠なら、現金で残りの金額分を借入れることが可能です。

クレジットカードを使った借入はカードローンを利用したのと同じ意味合いになる為、総量規制の対象となります。

キャッシングの使い道はそれぞれですが、日常的に活用する人もいれば、有事の際に一度だけ使うという人もいます。

特に後者の使い方をする人の中には、完済後に契約を解消しようとしている方も少なくありません。

どのように解約するのかというと、業者に解約したいことを伝え、物理的にカードを使えなくすれば終わります。

なお、完済している方ならいつでも解約手続きを取れますが、一旦契約を解除した場合は、また利用したいと思った時には、再度審査を受ける必要があります。

今はキャッシングが必要なくても、将来的に必要な時、審査に通らなくなっている可能性もあることを理解しておきましょう。